双極性障害と緑内障、白内障 闘病ブログ

緑内障、白内障、双極性障害の闘病と薬の影響で太った体のダイエット日記です 身内に騙され背負った負債2000万円の返済についても綴ります。大学卒業後に就職したが過労とパワハラで潜在していた双極性障害が発病し、休職後42歳で会社を解雇されました。現在もうすぐ50歳、妻と4歳の娘あり、

娘はチック症

一か月ほど前から瞬きが不自然なので気になっていた。自分がいま通っているところの眼科だと予約でゴールデンウイーク明けまで見てもらえないが、前住んでいたところの眼科だと予約なしで見てくれるので妻が連れて行った。診断はチック症。一時的なストレスや遺伝的要素があって発症するらしい。5,6歳頃に発症することが多く、次第に緩和するという。必要以上に心配する必要はないようだ。

娘の英会話教室に通う同い年の女の子は公文にも通っているという。もうひらがなカタカナが書け、漢字も学び始めたという。うちの娘は読むことはできるが書くことはできない。書けるのは自分のなまえだけ。公文は主婦が副業でプリント配って採点しているだけのイメージがあるので月7000円も払って通わせるのはどうかなと思う。明日梅田の紀伊国屋書店に行って教材見てこようかな。今やっといた方が、1年生になってからやるより余裕有りそうやもんね。